¥5,000以上のお買い上げで送料無料
新規会員登録で1000ポイントプレゼント / ¥5,000以上のお買い上げで送料無料
 

美容コラム

09.黄くすみの原因は?

顔色がさえない・・・黄ぐすみの原因は?

いまひとつ顔色がさえない・・・・

ファンデーションの色味が合わなくなった気がする・・・

美白対策をしているにも関わらず、こんなお悩みがありませんか?
それは「くすみ」のせいかもしれません。「くすみ」の原因は色々ありますが、透明感がなくなり、肌が黄色くくすんで見えるなら「黄ぐすみ」が原因かも!
この「黄ぐすみ」の原因は《糖化》と考えられています。
《糖化》とは簡単に言うと、体内でタンパク質などと余分な糖分が結びつき、タンパク質が劣化や変性し「AGEs(糖化最終生成物)」と呼ばれる原因物質が生成されます。その反応の事を「糖化」と呼びます。活性酸素による酸化が「体のサビ」に対して、糖化は「体のコゲ」と呼ばれ、老化を促進する要因の1つとして注目されています。




顔色がさえない・・・黄ぐすみの原因は?

黄ぐすみは老化が加速しているサイン!?
《糖化》によって生成される「AGEs(糖化最終生成物)」は褐色のため、体内に溜まるとくすみやシミなどを引き起こしまた、分解されにくいのも特徴です。それだけではなく、コラーゲンなどが硬くなり、肌がごわごわしたり、弾力・ハリ・ツヤがない肌になったり、肌のターンオーバー(生まれ変わり)も乱れ、不要な角質やメラニンが排出されにくくなります。
そのため、黄ぐすみ肌になっていたら、たるみ・シワなどの肌老化が同時に進行していると考えられています。
お肌悩みに合わせたエイジングケアをしているのに、なかなか改善されないなという人は、《糖化》が原因かもしれません。
黄ぐすみの改善&予防対策!
食生活と生活習慣を変えることでAGEs対策を!糖質は生命を維持するための大切な栄養素ですが、摂り方や量などに気をつける事で《糖化》を予防でする事ができます。
[食生活の改善]
たんぱく質と結びつく余分な糖質を出さないために甘い物・炭水化物を食べ過ぎないことが大切です。
☑チョコレートやアイス、ケーキや焼き菓子などのお菓子類や、清涼飲料水、甘い砂糖入り飲料などを控える。
早食いもよくないのでゆっくりよく噛んで食べるように心がけましょう。
☑血糖値の急上昇は糖化を促進させるので、糖質をゆっくり吸収する食物繊維が豊富な野菜や海藻、きのこ類などから食べて血糖値の上昇を穏やかに。
また、空腹時に甘い物を食べると急激に血糖値が上がり糖化につながるので注意が必要です。
☑白砂糖や白い食パンやうどんなど、精製された白い食品は、GI値が高く血糖値の急激な上昇を招きます。茶色い糖質に意識して変えるだけでも効果的です。
☑※血糖値の上昇を抑制する桑葉のお茶や、桑葉パウダー入りの青汁を食前や食事中に飲むのもおススメです。
[高温調理を避ける]
AGEは糖質が焦げた、美味しそうな焼き色部分に大量に発生します。油で揚げる、焼く、炒めるといった調理より、ゆでる、蒸すといった調理法がAGEsは少なくなります。ステーキ、トンカツ、焼き鳥、お好み焼き、唐揚げ、ハンバーグ、フライドポテト、ポテトチップス、ホットケーキ、ベーコンなどはAGEsが多く含まれるので、食事をする前に意識してみるといいですね。
《生活習慣の改善》
ストレス、運動不足、睡眠不足、喫煙、飲酒も糖化につながるので生活習慣を見直しましょう。
《黄ぐすみに着目したアイテムを取り入れる》
セイヨウオオバコ種子エキス、ハイブリットローズ花エキス、マロニエエキス、カルノシンなど黄ぐすみに効果が期待できる成分配合の化粧品や年齢サインに着目したアイテムを取り入れる。また、活性酸素は黄ぐすみなどを加速させるので抗酸化作用のあるフラーレン、オウゴンエキス、コエンザイムQ10、ビタミンCなどが配合されたアイテムも一緒に使うとより効果的です。
《紫外線対策》
紫外線を浴びると、活性酸素が発生して糖化反応を促すので、1年を通してしっかりUVケアをしましょう。
一度コゲた食べ物は元には戻らないように、体や肌がコゲると元に戻るのは難しいので予防することが大切です。
未来の生き生きとしたお肌と体を目指して、できることから対策をしてみてはいかがでしょうか。

ページトップへ